2010年02月12日

当て逃げ外国人、被害者と目撃者が走って捕まえる(読売新聞)

 6日午前6時30分頃、三重県桑名市小貝須の国道23号で、乗用車がスリップして中央分離帯に衝突、弾みで名古屋市瑞穂区の男性会社員(36)のワゴン車に追突した。

 乗用車を運転していた男が車を放置して走って逃げたため、男性と目撃者などが走って追いかけて取り押さえた。駆けつけた桑名署員が、自称イラン国籍、アリ・モハマッザテ容疑者を道交法違反(当て逃げ)容疑で現行犯逮捕した。

<ドコモ>関東甲信越で通信障害 FOMAの通話途切れる(毎日新聞)
虐待死の男児、昨年10月入院=頭にけが、問題発覚後−東京・江戸川の事件(時事通信)
替え玉殺人・中国人妻の共犯男の控訴棄却(産経新聞)
<書の甲子園>大阪市立美術館で開幕(毎日新聞)
<民主>「コア・メンバー」制度を創設へ 政策決定に党関与(毎日新聞)
posted by カトウ トシアキ at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。