2010年02月04日

刑事責任なら辞任示唆=民主・小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は1日午後、党本部で記者会見し、元秘書らの政治資金規正法違反事件に絡む自らの進退に関し、「私自身が刑事責任を問われる事態は想定していないが、もしそういうことが仮にあるとすれば責任は重いと考えている」と述べた。自らが刑事責任を問われれば、幹事長職を辞任する考えを示唆したとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜ゼネコン側、妨害恐れ献金〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

「通勤途中に還付申告を」 大阪国税局(産経新聞)
「歩行者天国に突っ込んで多くの人を」計画は恐怖で3度躊躇(産経新聞)
産廃事務所に発砲? 窓ガラスに3カ所の穴 茨城・境町(産経新聞)
<将棋>1日目から激戦、羽生封じる 王将戦第2局(毎日新聞)
資産追及、首相しどろもどろ…参院予算委(読売新聞)
posted by カトウ トシアキ at 20:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。