2010年06月04日

特殊警備隊が訓練初公開=東京湾で観閲式―海保(時事通信)

 海上保安庁の観閲式が29日、東京湾で開かれ、テロやシージャックに対応する特殊警備隊(SST)が初めて訓練を公開した。
 観閲式には、巡視船や測量船など海保の48隻に、自衛隊の護衛艦や中国の巡視船を加えた計62隻と航空機19機が参加。前原誠司国土交通相が視察した。
 武装した密輸船の制圧訓練では、ヘルメットをかぶって目出し帽にゴーグルを着けた全身黒ずくめのSST隊員3人がヘリコプターから、ロープで密輸船に見立てた巡視船に降下。ライフルを片手に容疑者らを操縦室に追い込み制圧した。
 SSTは1996年に発足。これまでに99年3月の能登半島沖不審船事件や2001年12月の奄美大島沖での北朝鮮工作船事件などで計5回出動。昨年2月には高知県室戸岬沖で、約120キロの覚せい剤を密輸した中国船籍の漁船を急襲、船員6人を制圧し現行犯逮捕した。
 秘密保持のため詳しい職務内容や隊員数は明らかにされておらず、訓練も公開してこなかった。今回は、北朝鮮関係船舶に対する貨物検査特別措置法が成立し、「検査するのが海保で大丈夫なのかとの声があり、能力をアピールする狙い」(海保関係者)から公開した。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】無人機プレデター&リーパー〜忍び寄る死神〜

元みなと銀支店長に猶予付判決 社福法人3億円迂回融資(産経新聞)
鳩山首相「社民党に協力のお願い、これからも」(読売新聞)
農水相不信任案 野党4党提出へ(産経新聞)
<横領容疑>配達員が書留の2万円着服 名古屋(毎日新聞)
自民・中山元外相が離党届(時事通信)
posted by カトウ トシアキ at 09:49| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。